クレジットカード ランキング
☆ 2021.7.1 更新
アメリカン・エキスプレス・カード
三井住友カード ゴールド
楽天プレミアムカード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
JCBオリジナルシリーズ ゴールドカード
ANA JCBカード プレミアム
JCBオリジナルシリーズ プラチナカード
三井住友カード 一般カード
楽天カード 一般カード
JCB法人カード ゴールド
クレジットカード ランキング
クレジットカードを使用目的で比較
年会費無料クレジットカード
翌日発行のクレジットカード
ポイントが貯まりやすいカード
海外旅行で得するカード
年会費無料で旅行保険付きのカード
高速ガソリン代で得するカード
ETCカード
買い物で割引ができるカード
携帯料金割引のカード
マイレージ還元率が高いカード
家族カード無料クレジットカード
ゴールドカード
女性向けクレジットカード
学生向けクレジットカード
高所得者向けクレジットカード
法人向けカード
キャッシングに強いカード
リボ払い向きクレジットカード
電子マネー向きカード
高セキュリティクレジットカード
デザインが可愛いカード
かっこいいクレジットカード
超人気クレジットカード
当サイトおすすめのカード
クレジットカードを付帯保険で比較
国内旅行保険
海外旅行保険
ショッピング保険
盗難保険
クレジットカードをブランドで比較
VISA
MasterCard
JCB
アメリカン・エキスプレス
クレジットカードの知識
クレジットカード申込の流れ
クレジットカードの知識

クレジットカードのセキュリティ

クレジットカードのセキュリティ問題は、①カード自体にかかわるもの、②コンピュータシステム利用にまつわるもの、③ネットワークを介した通信に問するものがあります。

現在、わが国におけるクレジットカードは、磁気記憶媒体(磁気テープ)を貼付した磁気ストライプ方式が主流です。クレジットカードやキャッシュカードの裏にあるカセットテープのようなラインがそれです。

かつてプラスチックカードといわれていたころには、磁気記憶媒体もないただの名刺大のプラスチックの下敷きのようなもので、偽造されやすいものでした。また、本人確認はカードの署名(サイン)で行ない、盗難・紛失については個人信用情報データベースと盗難・紛失カードリスト等でのカード会員番号の照合を行なうことで処理していました。

現在では顔写真印刷や特殊印刷、ホログラム技術、ホストコンピュータ側での暗証番号管理などにより、カードそのもののセキュリティを高めています。さらにセキュリティを高めることができるICカードの導入など、クレジットカードそのものが変わりつつある。

以上述べたカード自体にかかわるセキュリティ以外には、次のような問題が存在しています。コンピュータシステムセキュリティには、①機密性(アクセスする権限がない人間は絶対にアクセスできないようにすること)、②保全性(コンピュータシステムに保有される情報の信頼性と不正な情報改ざんを許さないこと)、③可用性(障害が発生しても即座にシステムの完全回復ができ情報アクセスが可能になること)の三つが必要です。

ネットワークを介した通信に関するセキュリティには、コンピュータシステムセキュリティの①機密性、②保全性、③可用性に、④信憑性(電文偽造や送受信の事実否認を防ぐこと)が加わります。国際ブランドでは、とくに通信経路の安全確保を考慮した決済の通信ネットワーク構築に留意しています。

また、最近とくに話題になっているのは、インターネットやパソコン通信などのオンライン・ショッピングにおけるカード決済についての通信データの暗号化や、暗号鍵を用いた電子決済、ICカード方式による電子マネーの開発などです。
>>  高セキュリティクレジットカード


クレジットカードのセキュリティ 関連記事


クレジットカード・リッチおすすめ情報

楽天カード入会キャンペーン中!

【JCB】オリジナルシリーズ新規入会キャンペーン中!
▲ページトップへ
<< 前のページに戻る