クレジットカード ランキング
☆ 2021.1.1 更新
アメリカン・エキスプレス・カード
三井住友カード ゴールド
楽天プレミアムカード
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
JCBオリジナルシリーズ ゴールドカード
ANA JCBカード プレミアム
JCBオリジナルシリーズ プラチナカード
三井住友カード 一般カード
楽天カード 一般カード
JCB法人カード ゴールド
クレジットカード ランキング
クレジットカードを使用目的で比較
年会費無料クレジットカード
翌日発行のクレジットカード
ポイントが貯まりやすいカード
海外旅行で得するカード
年会費無料で旅行保険付きのカード
高速ガソリン代で得するカード
ETCカード
買い物で割引ができるカード
携帯料金割引のカード
マイレージ還元率が高いカード
家族カード無料クレジットカード
ゴールドカード
女性向けクレジットカード
学生向けクレジットカード
高所得者向けクレジットカード
法人向けカード
キャッシングに強いカード
リボ払い向きクレジットカード
電子マネー向きカード
高セキュリティクレジットカード
デザインが可愛いカード
かっこいいクレジットカード
超人気クレジットカード
当サイトおすすめのカード
クレジットカードを付帯保険で比較
国内旅行保険
海外旅行保険
ショッピング保険
盗難保険
クレジットカードをブランドで比較
VISA
MasterCard
JCB
アメリカン・エキスプレス
クレジットカードの知識
クレジットカード申込の流れ
クレジットカードの知識

クレジットカード審査の真実

クレジットカードは誰でも持てるというわけではない。カード会社と、利用者の間に信用がなければ成立しない。そのため、カード会社は会員になるための審査を用意しています。

入会できるかどうか、その信用度を判断するためのシステムを「スコアリングシステム」といいます。各社は、年齢、家族構成、勤務先、勤務年数、住居状況、カード利用状況などをポイントに置き換えて、点数によって判断します。
配点は各項目1~20点くらいで、例えば、収入の安定した職業ほど点数が高く、住まいも持ち家が高く、借家やアバート住まいは低い。そして、それらの結果と個人信用情報機関から得られるデータと合わせて総合的に評価し、合計点が一定点数以上なら、入会を許可し、それ以下なら拒絶しています。

最近は、各社ともコンピュータを使った「自動与信(オートスコアリング)」が一般的になり、統計学・確率学の最新の理論を応用して、より公平で客観的なデータを得ようと努力しています。あるカード会社では、1回の審査で数千通り以上のテーブルの中から、その人物の最もふさわしい人間像を選び出すというから驚きです。

その上で、5年後、10年後の姿をシュミレーションし、その人物が何年後には、最悪どれくらいの債務を抱えるかといった予想までたてています。つまり、カードの審査システムによって、アナタの社会的信用度が計算されているのです。ちなみに、とくに重要視されているのが、勤務先と居住年数だといわれています。いくら有名企業に勤めていても、そこが不良債権にどっぷり浸かっていたり、リストラに積極的な会社だったりすれば、自ずと審査も厳しくなりがちです。

さらに、毎年引っ越しを繰り返すような人は、サラ金の取り立てから逃れているのではないかなどと疑われます。カード会社としても会員の居所がつかめなくなることは怖いからです。

また、銀行系カード会社は本人よりも本人のバックにあたる勤務先や役職を重視する傾向にあるため、他系列のカードに比べると入会が難しい。 一般的に入りやすいといわれているのは各種流通系カード。限度額を上下に何種類か設定しているので、主婦を含め幅広い利用者を取り込んでいます。現在、無職という方も加入できる可能性が高い。


クレジットカード審査の真実 関連記事


クレジットカード・リッチおすすめ情報

楽天カード入会キャンペーン中!

【JCB】オリジナルシリーズ新規入会キャンペーン中!
▲ページトップへ
<< 前のページに戻る